ホテルの種類

ビジネスホテルホテルには、大まかに分けると三つのタイプがあり、シティーホテル、リゾートホテル、ビジネスホテルなどがあります。ビジネスホテルは皆さんがご存じのように、ビジネスマンの利用客が多いため、シングルルームが中心で都市中心にありましたが、現在では全国各地に点在しています。

また、同じ都市中心型のホテルにシティーホテルが挙げられますが、規模的にかなり大きな建物が多く、外資系のホテルが多いという特徴を持っています。リゾートホテルは、リゾート地の近隣にあるのが特徴で、周囲に海辺や温泉などのリゾート地、スキー場などがあり、趣味や観光目的でファミリー向けのホテルも多くあります。ほかにも、特殊な例として、アーバンリゾートホテルなどがありますが、これは賑やかな都会にありながら、リゾートの雰囲気を重視したタイプのホテルなのです。

また、これらのホテルには、個人経営などの独立系ホテルと、同じ名称で全国各地に多く展開していくチェーン系のホテルがあります。ホテルは、建物の規模によって、館内の設備やセールスツールなども変わってくるものです。お好みのホテルを選択する場合、こうした建物の規模も含めて、周囲のバケーションやホテルのセールスポイントなどを把握しておきましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket