目的別ホテルの選択

ホテル世の中には宿泊施設として、ホテルや旅館、民宿などさまざまな泊まれる施設が存在しています。日本では、保養地や温泉地などにもともと旅館であった宿泊施設が、ホテルに生まれ変わっているという例が意外と多くあります。では、こういったホテルや旅館、簡易宿所など、同じ宿泊施設でありながら名称が異なるのは、いったいどういった意味があり、どこに違いがあるのでしょうか。

実は、日本には旅館業法という法律があります。すべての宿泊施設はこの旅館業法によって定められています。旅館業法で決められていることの例を挙げると、客室は10室以上で各客室の面積は9平方メートル以上であること、そして、出入り口と窓には鍵がかけられることなど、様々な制約が法律によって定められています。

ホテルを選ぶ際は目的に応じて選択する必要があります。のんびりしたい家族旅行では、旅館に宿泊して温泉に入るのもおすすめですし、アクティブに移動する旅行では滞在時間が少なくなるのでビジネスホテルでも困らないでしょう。夫婦で日頃の忙しさを忘れて高級ホテルに宿泊しゆったり時間を過ごすのもおすすめです。一人での出張や費用を抑えたい遠方のコンサートに行く場合にはカプセルホテルも選択肢に入ってきます。誰と一緒にとまるのか、旅の目的は何なのか、宿泊先での滞在時間はどの程度かといったことを考慮した上で目的に合ったホテルを選択しましょう。もちろん、ホテル内のレストランやサービス施設も大切なポイントになります。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket