「未分類」カテゴリーアーカイブ

様々な食事プラン

ホテル利用のメリットに、ホテルのレストランなどで出される食事を楽しめるというポイントがあります。ホテルによって、宿泊費に食事が含まれていない場合もありますが、食事付きの宿泊の場合は朝食のみ、あるいは朝食と夕食付の二食付きのプランが一般的です。また、ホテルの宿泊に、食事がない場合であっても、館内に飲食のできるレストランや食事どころがある事が多く、館内に飲食する場所がなくとも、周囲には必ずと言っていいほど食事する場所があります。

バイキングただ、外食する場合、場所によっては早く店じまいをするところも多く、子供連れにはそぐわないような店が立ち並ぶ場合もありますので、前もってホテルのスタッフなどに確認をとっておくとよいでしょう。ホテルの食事は、様々なプランが用意されていることが多く、食事のグレードによって宿泊費が変わってくるケースもあります。最近では、バイキング形式の食事スタイルが増え、朝食の形式も次第に変わりつつあります。

朝食の食事プランは、バイキング形式であればご自分の好みで好きなメニューをチョイスすることができ、年齢を問わずたのしむことができます。ちなみに大阪周辺のホテルのひとつに和洋40種類のメニューを揃えた朝食バイキングを行っているところがあります。季節の食材をとりいれたメニューは人気のようです。

ホテルによっては、和食や中華料理なども用意されており、好きなものだけで食事を楽しむことができます。ホテルを決める時の条件の一つに加えてみてはいかがでしょうか?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

ホテルの種類

ビジネスホテルホテルには、大まかに分けると三つのタイプがあり、シティーホテル、リゾートホテル、ビジネスホテルなどがあります。ビジネスホテルは皆さんがご存じのように、ビジネスマンの利用客が多いため、シングルルームが中心で都市中心にありましたが、現在では全国各地に点在しています。

また、同じ都市中心型のホテルにシティーホテルが挙げられますが、規模的にかなり大きな建物が多く、外資系のホテルが多いという特徴を持っています。リゾートホテルは、リゾート地の近隣にあるのが特徴で、周囲に海辺や温泉などのリゾート地、スキー場などがあり、趣味や観光目的でファミリー向けのホテルも多くあります。ほかにも、特殊な例として、アーバンリゾートホテルなどがありますが、これは賑やかな都会にありながら、リゾートの雰囲気を重視したタイプのホテルなのです。

また、これらのホテルには、個人経営などの独立系ホテルと、同じ名称で全国各地に多く展開していくチェーン系のホテルがあります。ホテルは、建物の規模によって、館内の設備やセールスツールなども変わってくるものです。お好みのホテルを選択する場合、こうした建物の規模も含めて、周囲のバケーションやホテルのセールスポイントなどを把握しておきましょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

目的別ホテルの選択

ホテル世の中には宿泊施設として、ホテルや旅館、民宿などさまざまな泊まれる施設が存在しています。日本では、保養地や温泉地などにもともと旅館であった宿泊施設が、ホテルに生まれ変わっているという例が意外と多くあります。では、こういったホテルや旅館、簡易宿所など、同じ宿泊施設でありながら名称が異なるのは、いったいどういった意味があり、どこに違いがあるのでしょうか。

実は、日本には旅館業法という法律があります。すべての宿泊施設はこの旅館業法によって定められています。旅館業法で決められていることの例を挙げると、客室は10室以上で各客室の面積は9平方メートル以上であること、そして、出入り口と窓には鍵がかけられることなど、様々な制約が法律によって定められています。

ホテルを選ぶ際は目的に応じて選択する必要があります。のんびりしたい家族旅行では、旅館に宿泊して温泉に入るのもおすすめですし、アクティブに移動する旅行では滞在時間が少なくなるのでビジネスホテルでも困らないでしょう。夫婦で日頃の忙しさを忘れて高級ホテルに宿泊しゆったり時間を過ごすのもおすすめです。一人での出張や費用を抑えたい遠方のコンサートに行く場合にはカプセルホテルも選択肢に入ってきます。誰と一緒にとまるのか、旅の目的は何なのか、宿泊先での滞在時間はどの程度かといったことを考慮した上で目的に合ったホテルを選択しましょう。もちろん、ホテル内のレストランやサービス施設も大切なポイントになります。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket